JA秋田中央会 【第10号 東京農大】

1 :元JA秋田中央会の秋田支所と農政広報課員の唯一の農協監査士tbw:2018/04/15(日) 10:45:13.38 .net
安倍晋三の大叔父が松岡洋右!
これが私(〓tЖ)の代名詞。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 11:04:51.44

社員

3 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/15(日) 11:15:20.21

安田火災海上保険株式会社の「ある代表取締役社長」は私立法政大学の夜学の2部の
経済学部卒であった。
株式会社損害保険ジャパンでは、安田火災海上保険株式会社の個人を公表したりしない。

興味を今も持っている外野ファンは、JA秋田中央会の会長をはじめ正職員たちが全員なのは、
私【〓tЖ】への組織ストーカー行為をいまだにしているからだ。
____________________

秋田市の【秋田県農業協同組合中央会】には、私立の東京農業大学卒の男の
正職員たち2人が平成一ケタの年代には在籍していて、氏名は、
佐藤直人(本名さとう なおと・2018年で68歳)と荒谷桂公(本名あらや けいこう・2018年で67歳)だけである。

船木耕太郎(本名ふなき こうたろう・2018年で69歳)は、
秋田市内にあった私立の秋田経済大学(改称され現在の学校法人のノースアジア大学)の
経済学部卒である。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 11:20:23.83

社員

5 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/15(日) 19:03:34.81

秋田市内に本店がある「新あきた農業協同組合(JA新あきた)」で、
「JA秋田中央会」から正職員たちが2人出向して交代で学識経験常勤監事に就任している

平成11年度からは当時38歳の近藤悦応(本名こんどう えつおう)が第2代学識経験常勤監事に就任していた。
近藤悦応(本名こんどうえつおう)の後任の第3代学識経験常勤監事が平成15年度から
「JA秋田中央会」の正職員の当時43歳の東海林斉(本名しょうじ ひとし)が1期3年就任した。
初代の学識経験常勤監事はJA秋田信連の推進部長を経験して退職していた高橋壽(秋田市高陽青柳町在住)だ。

当時の年代の「新あきた農業協同組合(JA新あきた)」の常勤の理事は、
常勤の代表理事組合長が中川薫清(秋田市在住)、常勤の代表理事副組合長が佐々木忠治(河辺町の岩見山内・いわみさんない在住)、
もう1人の常勤の代表理事副組合長が京極芳郎(雄和町在住)で、
学識経験常務理事が船木耕太郎(JA秋田中央会で部長経験退職者・2018年現在JA秋田中央会で常勤の会長)である。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 19:16:35.54

社員

7 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/15(日) 21:50:38.39

秋田県内の地方公共団体の秋田市のなかに平成10年3月まで存在した3法人の
農業協同組合のうち、
私(〓tЖ)が平成8年までだが、秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)による法定監査業務の農協監査業務を業務命令で
正職員たちによる組織的監査の1人として担当したのは、
「 ゆうわ農業協同組合(JAゆうわ)」と「羽後河辺町農業協同組合(JA羽後河辺町)」と
「秋田市農業協同組合(JA秋田市)」の3法人であった。

以上の農業協同組合(JA)は現在は新名称の「秋田なまはげ農業協同組合(JA秋田なまはげ)」となっている。

JA秋田中央会の正職員でも在職していた当時の船木耕太郎や佐藤実らは、
農協監査業務には起用されたりしない農業協同組合法の定める法定業務では
通用しない正職員たちだった。

通用しない正職員たちは秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)の農政広報部長を目指し、
正式に「秋田県農協政治連盟(のうせいれん)」の半専従の事務局の1人として、
自由民主党の国会議員との
関わりを誇ろうとするであった。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 21:53:19.58

社員

9 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/15(日) 22:21:10.43

秋田県内の男鹿半島と大潟村にお住まいのみなさん。
【雄和町農業協同組合】について説明いたします。
平成3年の当時は、経営体制が常勤の組合長理事と常勤の専務理事と
正職員による課長までの体制でした。
正職員の要(かなめ)の管理課長が京極孝一(本名きょうごく こういち)さんでしたが、
平成4年に定年退職しました。
京極孝一(本名きょうごく こういち)さんは58歳の定年退職後に、すぐ転身し
【雄和町商工会の常勤の年報酬200万円の事務局長】に採用されました。

当時は組合長理事も専務理事も名字は京極ではありません。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 22:22:40.74

社員

11 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/15(日) 22:49:28.78

秋田県内の男鹿半島と大潟村にお住まいのみなさん。
そして東京の千代田区大手町のJA全中(全国農業協同組合中央会)の保険好きなバカな役職員のみなさん。

平成30年4月1日に創立された秋田市内の本店を主たる事務所とする「秋田なまはげ農業協同組合(JA秋田なまはげ)」の
常勤の代表理事組合長で農家の組合員の代表の理事である京極芳郎(本名きょうごく よしろう)は、
農協(JA)の常勤の理事を連続22年経験している。

船木耕太郎にだまされて「JA秋田中央会やJA連合会」の副会長理事にまでは上がれなかった人だ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/15(日) 23:00:45.00

社員

13 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 02:03:11.53

秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)の正職員の男で2018年で59歳を
向かえる三浦俊彦(本名みうら としひこ)はまだ在籍している。
三浦俊彦(本名みうら としひこ)は主要な部署の部長にはなれずに、焦りが極まっている正職員だ。
県立秋田高校を卒業しているのだから毎月給料100万円はくれという、
あまり働かない男だった。

秋田市内の八橋(やばせ)の「秋田県JAビル」の5階のJA秋田中央会の事務所で
三浦俊彦(本名みうら としひこ)は47歳の当時に正式なJA合併の決算調整で意図した不正を働いた。
「JAあきた湖東」と「JA八郎潟町」の合併前に架空の建物資産の実在性をでっち上げた資料を
作成して、日本政府の農林水産省をだまして合併補助金を請求したのだ。
三浦俊彦(本名みうら としひこ)には管理職の上役である当時54歳の板垣正昭(本名いたがき まさあき)の
指揮命令下にいたのだから、2人のJA秋田中央会の正職員たちの不正請求となる。
不正請求が後に数ヶ月後に発覚し、正義の法律家のつもり思い込みの三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は、
秋田市内の「秋田県JAビル」の5階の中央会の事務所内で顔をしかめて叫んだ言葉が、

「あ〜あ、毎日バカくせー」だ。

「JA中央会」の正会員のJAは確実な指導だけを、年間予算から均等割と事業分量割の「指導賦課金」を
金銭で「JA秋田中央会」の名義の「JA秋田信連」に開設している口座に支払ってきた。

三浦俊彦(本名みうら としひこ)は静岡大学 の人文学部卒だが、金銭の不正をはたらいて証拠が見つかったが、
「JA秋田中央会」の内部の人事配置としては、 板垣正昭と三浦俊彦をJA秋田中央会の会長の小松正一が2人とも懲戒処分から守る形で、
板垣正昭は経営指導部長としてそのままに動かずに、
三浦俊彦は経営企画課長補佐の身から1年後に順当に昇進して経営企画課長になれと内示が発令された。

行ったすべての不正請求を当事者の「JAあきた湖東」の責任にして、
指導業務のJA秋田中央会は責任を取らなかった。

インターネット通信教育の私【〓tЖ】の文はあなた方をリードしています。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 02:09:46.59

社員

15 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Жは:2018/04/16(月) 02:29:18.76

>>013 の続き

板垣正昭(本名いたがきまさあき)は部長として三浦俊彦(本名みうらとしひこ)の正式な業務の指揮命令者で毎日顔を会わせていた。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)がJAあきた湖東の指導業務において不正を働いたが、
部長の板垣正昭(本名いたがきまさあき)が指揮命令して行われ、
板垣正昭(本名いたがきまさあき)は部長として不正が実行される前に三浦俊彦(本名みうらとしひこ)の正式な業務の指揮命令者として事前確認を
することが出来た立場であり、不正を止めることが出来た。結果は板垣と三浦は2人とも同等の不正を働いたとされる。

事なかれ主義のJA秋田中央会に規律はなかったので、
最終的に不正の正常化の形にする手続きをJA秋田中央会の会長と学識経験常務理事が自由民主党の国会議員に頼んだのだった。
自由民主党の国会議員でまだ43歳の将来有望な
大臣確定の立場の金田勝年はこれで取り返しのつかない傷がついたのだった。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 02:46:14.55

社員

23 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 18:11:29.82

>>017 >>019 >>021
の続き

秋田市内の八橋(やばせ)の地区に「秋田県JAビル」の5階に本部が
ある「JA秋田中央会(秋田県農業協同組合中央会)」の正職員たちに私立東京農業大卒の正職員をパージして
きた【職場内チャイナタウンの栃木県内にある国立宇都宮大学農学部卒と盛岡市内にある国立岩手大学農学部卒の男たち】は、
JA秋田中央会の人事配置の性向により正式業務では農業技官系秋田地方公務員た
ちとの【秋田県内の農業学問の論戦の会議】で戦うことが水面下での役割になっていた
。【農業技官系秋田地方公務員たちと秋田県内の農業学問の論戦の会議】で
活躍するJA秋田中央会の正職員たちには、無関係なのが、
「JAバンク事業とJA共済事業とJAを法人として認識することとJAの法定外部監査業務とJAの経営指導業務と
JA役職員教育事業とアメリカ合衆国に本社がある現地法人の東京都中央区新川(しんかわ)に
ビルが建っていて日本支店との位置にある株式会社日本アイ・ビー・エム」だ。

秋田県内のJAを指導する法定業務をする「JA秋田中央会(秋田県農業協同組合中央会)」の正職員たちの
なかでは、私立東京農業大学卒の正職員たちをパージしてきた男たちには、
JA秋田中央会の正式業務でほとんど暇で通用しなかった劣等感しか似合わない。

まず第一に民間企業が頭に無い人たちだった。

佐藤実と鈴木剛と鈴木重忠と高橋幸毅と小玉陽三と渡部正敬など無関係だった。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 15:23:24.32

社員

19 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 15:34:39.00

>>017
の続き

男鹿半島の男鹿市脇本(わきもと)に本店を置いていた「JA秋田みなみ(2018年4月からJA新あきたとの合併に
より名称がJA秋田なまはげの男鹿半島地域の支店になってしまった)」の
元正職員の故.高桑國三(たかくわくにぞう)についての説明だ。

高桑國三はもともとJA男鹿市の管理課の正職員だった。
管理課の正職員の高桑國三(本名たかくわくにぞう)の上司に
管理課長の大野幸四郎(本名おおのこうしろう)と
課長補佐の武田萬三(本名たけだまんぞう)がいて、
秋田市八橋(八橋)に事務所があったJA秋田中央会の秋田支所に
配属されていた農協の経営監査担当者の私【〓tЖ】とは
正式業務を通じて、お互い知っている関係である。

JA男鹿市は合併によりJA秋田みなみに名称が新しくなった年代があるのだ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 15:46:13.45

社員

21 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 16:15:02.04

>>017
の続き

昭和の年代から平成の年代に【秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)】に正職員として
在職していたが、農林水産省所管の農業協同組合監査士1次試験を不合格のまま課長級
に昇進させられてしまった農学部への怨み憎しみを共有していた人の氏名を挙げる。

稲葉進(国立宇都宮大学農学部卒・元学識経験常務理事)

佐藤実(国立岩手大学農学部卒・元学識経験常務理事)

鈴木重忠(国立岩手大学農学部卒・2018年現在の参事)

鈴木剛(国立岩手大学の教育学部卒●元学識経験常務理事)

岡田裕夫(国立岩手大学農学部卒・元農政広報部長で定年退職)

渡部正敬(国立岩手大学農学部卒・元地域政策部長で定年退職)

高橋明彦(国立岩手大学農学部卒・元担い手対策室長で定年退職)

私立東京農業大卒パージ組の人たちだ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 16:33:38.64

社員

17 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 15:12:24.22

昭和の年代から平成17、8年頃まで、秋田市内に主たる事務所の「秋田県JAビル」の5階に
本部をおいた「秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)」には、私立の東京農業大学卒の男の正職員たちがいたが、
常に人事配置では「秋田県JAビル」に居ることが許されないような不等で不遇な扱いだったと、
私【〓tЖ】は在籍中には見えていた。

東京でも高尾市にて6カ月間の滞在をする研修会参加命令を受けたのが、
私立東京農業大卒の正職員で35歳当時の佐藤直人(本名さとうなおと)だ。
東京のJA全中(全国農業協同組合中央会)の教育部主催の
「全国農協職員教育半年コース」が名称で、敷地内の宿舎に6カ月間の滞在をして6カ月間の研修会終了日に
敷地内の公園に苗木の植樹をさせられるのだ。

佐藤直人(本名さとうなおと)は40歳には秋田県JAビルの5階の本部で
営農指導課の課長補佐から畑違いの総務課長に同系統業務の同世代の
男の正職員たちから切り離されるように昇進する。

佐藤直人(本名さとうなおと)は42歳まで席があった総務課長以降は、
秋田市内でも秋田市仁井田地区のJA教育研修所に席を
置かされる教育課長の辞令による人事異動をさせられて「秋田県JAビル」から
追い出され、数年後には秋田県男鹿市内の「JA秋田みなみ」に
管理課付けのライン外の管理職の身分で出向させられて「JA秋田みなみ」の
管理課長の故.高桑國三に干され圧殺され続け、出向からJA秋田中央会に戻ると
またJA秋田研修所のなかに事務所がある「監査部の次長」に席を置かされ、
数年後にはまた出向させられて秋田県厚生農業協同組合連合会(JA秋田厚生連)の
内部監査室長にさせられて60歳に定年退職した。

まだ私立の東京農業大卒の男の正職員がいたが
国立宇都宮大学農学部卒の正職員たちと
国立岩手大学農学部卒の正職員たちに、職場内チャイナタウンが出来ていたから不等で不遇だったのであった。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 18:28:23.19

社員

25 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 18:55:30.35

秋田市内に本店がある「JA秋田なまはげ」の常勤の理事と常勤の監事に就任し
ているJA秋田中央会の部長経験定年退職者たちが、タカルのは私【〓tЖ】の名前とキャリアだ。

あんたら頭が高いが腰も高いからな、ロイズ保険組合にでも関わりな、
話せたらな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 19:40:36.13

社員

27 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 19:48:45.15

秋田県庁は、農業よりJAの華やかさに強引に関わろうとしてきた。

民間のJAは日本各地すべて地球の北半球のヨーロッパ諸国の協同組合活動を先進的取り組みとした華やかさを、
秋田県内限定ではあるが、秋田県庁の農林水産部長ががホメてあげるから、秋田県庁の部署の秋田空港のそばに研究施設が建っている秋田農業試験場の男の県職員たちは、
民間の華やかさに関わる権利はまったく無いが60歳で定年退職するまで、
秋田県内にはあるが日本で共通したJAのヨーロッパ諸国を先進的取り組みとした協同組合活動に
秋田県内の会議で、市町村に住み稲作複合経営農家のJA組合長やJAの専務理事に
秋田県内の市役所の農業系職員にさらに絡みついて、
JA秋田中央会の農学部卒の正職員に農業経済学問の仲間に認めてやるし、
国立の弘前大と岩手大と宇都宮大の農学部の教授たちを紹介するから、
60歳に定年退職するまで国立の弘前大の農学部の教授たちなどと、
付き合いさせてやる権利を与えるから、
JA秋田中央会の一部の男の正職員たちは秋田県庁の一部署の秋田空港のそばに建つ秋田県農業試験場の部署のなかでは
暇な経営科の大学院までは卒業していない科長(漢字は科長で県内の農家をフィールドワークをしてJAと得の大きい人脈交換を
求めてきた秋田県庁の地方公務員の県職員たちが、
JA秋田中央会に秋田県農業試験場に配属されている地方公務員と
共通する唯一の手がかりの大学農学部を捨てないで、と、
あらゆるレトリックですがりつくいてきた歴史がある。

秋田県農業試験場はJA全農の秋田県本部にマネーと接待を求めるようになったが、
秋田県農業試験場の職員は単なる県職員の地方公務員だとまだ判らないだろうと、
本物の農業学者めいた芝居を日常するが、怒鳴ると彼らは芝居を止めて、
すぐ謝るのであった。

秋田県農業試験場の元次長の阿部健一郎の心臓を絞めあげたのが私【〓tЖ】だが、
止めにいたのさ、心臓をだ。

28 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 20:35:17.76

>>027
の続き。

秋田県庁の一部署で秋田空港のそばに施設が建っている【秋田県農業試験場】の
元次長の阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年現在78歳)を説明する。

秋田県横手市(平鹿郡・ひらかぐん平鹿町)生まれの稲作農家の長男だが、所有していた田んぼをすべて売り払い、
離農して秋田市内に引っ越しをして
30歳代には、
郵便番号0100816秋田県秋田市泉上の町144番地の電話018(863)4549の家に引っ越しをして住んできた。

出身高校は秋田県立横手高等学校卒。

出身大学は盛岡市内にある国立岩手大学農学部卒。

●●●阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年78歳)は岩手大学農学部卒後に農業研究の大学院にまでは進学していない。●●●

阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年78歳)は国立岩手大学農学部を卒業後にすぐ秋田県庁の上級地方公務員に採用された。

阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年78歳)には無理で無関係な職業が大学農学部の教授や助教や准教授や助教授である。

阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年78歳)は単なる国立岩手大学農学部の卒業生に過ぎない。

阿部健一郎(本名あべ けんいちろう・2018年の78歳)は心臓を押さえて苦しむ演技が日常得意であり、
JA秋田中央会に在職していた当時の私【〓tЖ】は農林水産省所管の農業協同組合監査士として、
阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)は、農林水産省所管の専門技術員の試験は受けていないままのことを
阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)と1対1の部屋で私【〓tЖ】言い詰めたら、
阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)が手で胸の心臓のまわりを押さえて苦しんだのが平成13年だ。

29 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/16(月) 21:07:13.38

秋田県庁の職員で地方公務員の阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)は、
人事異動により秋田県庁の一部署で秋田空港のそばに施設が
建っている「秋田県農業試験場の経営科の科長から次長で60歳になり定年退職した」が 、
再就職先に県庁の次長と同額の給与金額という雇用契約により嘱託職員として
秋田市内の八橋(やばせ)にある「秋田県JAビル」の5階の
「JA秋田中央会」の農業振興部の農業振興課に席を置かれて平成10年の前後の数年間は座っていた。

JA秋田中央会の嘱託職員の雇用契約を終えた阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)は、
さらに再就職先として
【秋田県立大学の生物資源科学部の客員研究員】になり、
秋田市下新城(しもしんじょう)中野(なかの)に建つ新築の新興の県立大学の研究室の一室を与えられていて、
秋田県庁と学長との形式的なつきあいで、
研究室に机と椅子を置かれて、朝から晩まで1人で過ごしていた姿しか、
【JA秋田中央会(秋田県農業協同組合中央会)】のすべての歴代の正職員のなかで
日本海沿岸の秋田県立大学生物資源科学部のキャンパス内に正式業務で唯一入っていた私【〓tЖ】は、
見たことが無い!

JA秋田中央会の元正職員の平成13年当時に 52歳の次長級の武内則明(本名たけうち のりあき)は
平成13年に一度だけ秋田県立大学生物資源科学部のキャンパスに入って
研究室の椅子に座っいた客員研究員の阿部健一郎(本名あべ けんいちろう)に、
私【〓tЖ】と共に会った。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 21:22:23.57

社員

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/16(月) 23:10:34.25

社員

38 :元JA秋田中央会Ж歌手の松田聖子の歌なら【時間の国のアリス】:2018/04/17(火) 00:01:08.37

JA秋田中央会の元正職員だった小松康子は平成3年に、
50歳で 女性定年退職という慣例により
中途退職させられた。
小松康子の出身地は本荘市だ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/17(火) 00:15:39.81

社員

45 :JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/17(火) 01:38:07.23

秋田県農業協同組合中央会の正職員たちにとっていは、自由民主党の 衆議院議員たちを見ることに慣れてしまう職場環境だった。

東京に本社がある数々の経団連の会員企業の会長クラスの人間ではJA秋田中央会の職員たちは驚かないし、
長いつきあいを望まないのは、
アサヒビール株式会社の平成5年当時の会長の樋口廣太郎を「秋田県JAビル」に呼んだりしても、
後を引かない関わりの感覚が秋田県農業協同組合中央会の全職員にあった。

樋口廣太郎より価値が上の企業人はJA秋田中央会にとっては見たことが無く存在しない。

樋口廣太郎(ひぐち ひろたろう)

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/17(火) 23:59:18.09

社員

49 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/18(水) 00:19:20.98

寺田典城小沢一郎のタッグに佐竹敬久の後方から村岡兼造が総裁まで使って
秋田県内に総裁がやってきて顔出しと県内各地にてマイクを使った応援演説の佐竹援護をしてきた。

佐竹敬久を応援したのは最初は平成6年の選挙ポスター写真で佐竹敬久と握手した小泉純一郎であり、
次に平成11年冬に
秋田県内にまで応援に来た橋本龍太郎である。

53 :元JA秋田中央会の元正職員の秋田支所と農政広報課員Ж:2018/04/18(水) 01:29:44.14

秋田県農業協同組合中央会は政府米の逆ザヤとして公的資金を米価買い取り価格に
反映される目的の農政広報業務を正式業務として日本国内の民間法人の集まりの農協組織と協調して平成3年頃まで行ってきた。

平成5年の政権交代からの農政広報業務に、国政選挙に立候補した特定の候補者の選挙応援という【非】正式業務が、
秋田県農業協同組合中央会のなかで当たり前にさせるキャンペーンが張られた。

バカがJA秋田中央会の参事に当用されると正式業務の農政広報業務が、
町会議員の選挙応援の延長線上に衆議院議員選挙に立候補した自由民主党の候補者への
【非】正式業務としての選挙応援を
【協同活動(きょうどうかつどう)という名称を使って】職員たちに強制した。
職員たちの身内を選挙名簿にしたのだ。

中央会は会長が個人として自由民主党の秋田1区の衆議院議員の二田孝治に関わっていただけであり、
秋田市農業協同組合の組合長の中川薫清は秋田1区選出の衆議院議員でも佐藤孝雄を
応援していることを「秋田県JAビル」での会議でよく主張していたが、
秋田市農業協同組合の全職員には日本国民として関係ない主張であった。

JA秋田中央会の正職員たちのなかで、平日昼間から、「秋田県JAビルの5階」で
「俺、自由党の党員になった」と言って笑いふざけ騒いでいた男の正職員の課長補佐級は、
平成13年頃のJA秋田中央会から出向命令で、秋田市内の仁井田(にいだ)の地区に事務所が建つ「JA全国監査機構の秋田県監査部(本部は東京都内の 千代田区)」に異動し
ていた男の正職員が伊藤真澄(本名いとう ますみ)だった。

伊藤真澄は秋田県農業協同組合中央会の正職員として
管理職の最上位の参事(さんじ)には選ばれなかったので、
ついに平成25年に自己判断で秋田県農業協同組合中央会を54歳で会長が木村一男の年代に中途退職した人間だとのこと。

秋田市内住まいがある伊藤真澄は、JA農政だのテレビ局だの新聞社だのの正式業務は未経験のまま54歳で
秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)を54歳で退職している。

伊藤真澄はJA秋田中央会では、監査部長と総務企画部長の2部署の部長経験者であった。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/18(水) 03:14:40.85

社員

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/18(水) 08:21:09.82

社員

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/18(水) 16:03:01.02

社員

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/20(金) 00:35:51.84

社員

152 :元JA秋田中央会の秋田支所と農政広報課員の唯一の農協監査士tbW:2018/04/20(金) 22:56:30.88

>>151
の訂正

秋田市八橋(やばせ)の地区に9階建ての黒いビルが「秋田県JAビル」であり、5階の70%を賃借して本部にしているのが【秋田県農業協同組合中央会(JA秋田中央会)】だ。
「JA秋田中央会」の歴代の参事(さんじ)は新人職員の出身市町村にコネクションをつけて、金をもらおうとする行動をとってきており平成の元号の年代も続いていた。
歴代の職員の最高権限者の常に1人しか現職はおかない参事(さんじ)の氏名
(JA秋田中央会の参事が兼務するのは★秋田県種苗交換会の事務局長★と県農政連の事務局長だ。)

伊藤剛(本名はいとう ごう・故人・横手市平鹿町出身で秋田市に永住した・【非】農協監査士)
沢井隆一(本名さわい りゅういち・南秋田郡昭和町在住・農協監査士)

伊岡森久明(本名いおかもり ひさあき・婿養子で旧姓が加藤久明・秋田市法務委員・にかほ市象潟町出身で秋田市御野場に転居して40年・【非】農協監査士)
稲葉進(本名いなば すすむ・大仙市協和町のJR羽後境駅の近所の境地区に永住・【非】農協監査士)
田中敏勝(本名たなか としかつ・山本郡三種町の昔の琴丘町の鯉川地区の出身・中央会には36歳で会長秘書の身分で土肥良子(妹が土肥容子)の
婚姻者として中途採用・職場で仲間はずれだった・【非】農協監査士)

佐藤実(本名さとう みのる・大仙市大曲の花館地区の生まれ・26歳で中央会に中途採用・【非】農協監査士・中央会の若手職員に一方的な愛情をやたら持つオバサン性格)
●小玉陽三(本名こだま ようそう・平成16年4月に総務部長から参事になったが★2週間で退任させられた・
山本郡三種町の琴丘町のなかでも天瀬川の地に在住・兄が経済企画庁官僚OB・小玉陽三の婚姻した妻は
三種町のなかの八竜町生まれで2018年には63歳の小玉由貴子で元秋田県教職員で小学校教員)

鈴木剛(本名すずき つよし・由利本荘市大内町に永住・秋田県立由利高等学校卒を恥じて67年経つ・【非】農協監査士・
秋田県小中学校教職員採用試験不合格である)
鈴木重忠(本名すずき しげただ・大仙市神岡町の北楢岡に住んでいる・【非】農協監査士・参事職経験4年目)

280 :元JA秋田中央会の農協監査士 t 008:2018/04/25(水) 01:25:24.15

秋田県選出の県会議員あがりの【草なぎ英文(本名くさなぎ ひでふみ・姓の漢字はSMAPの草なぎ、と同じ)】は、
秋田県仙北市の田沢湖町に代々住んできていたが婿養子になり改姓して御法川英文(みのりかわ ひでふみ)という名で秋田県議員に当選して県会議員として活動をしできたが
国会議員になろうとし中選挙区制の昭和50年代に自由民主党から衆議院議員選挙に
供託金を出して立候補したが落選してからまた昭和56年に自由民主党から同じく
中選挙区制の秋田2区から立候補したが同じ自由民主党から立候補したが落選した。
御法川英文は秋田県立大曲農業高等学校卒業であり、地域で有名な人間である。
昭和62年の衆議院議員解散総選挙で御法川英文(みのりかわ ひでふみ)は
次がない3度目の選挙戦だと言い続けたらしく
都内の大学生だった長男の御法川信英(みのりかわ のぶひで)と、
神奈川県内の大学生だった次男の御法川博文(みのりかわ ひろふみ)の2人が
なんと高校の元同級生たちの実家にいきなりの3度目の衆議院議員選挙だ今回落選し
たら御法川の家は終わる助けてけれと
長男の信英(のぶひで)と二男の博文(ひろふみ)たちが
高校の元同級生たちに電話をかけ言葉の声の会話で訴える電話作戦を
後先考えずにとってしまった。
3度目の衆議院議員選挙で中選挙区制の昭和62年に
御法川英文(みのりかわ ひでふみ)は50歳代で当選した。背後の強い援護は草なぎ英文の高校だ。

故.御法川英文(みのりかわ ひでふみ・私立●明治大学●卒業)の二男の御法川博文(神奈川県内の私立東海大学工学部●宇宙工学科卒業)の
高校時代のクラスメートに横手市大森町に住む飯田勝子の長女の昌子と
横手市大森町の獣医の小野雄司の長男の小野郁雄の妹の小川久仁子らはフレンドである。

御法川ひろふみ(博文)から私【〓tЖ】ら親族を巻き込まれて、自由民主党用語の
クソ撒きをされてきました。

307 :元JA秋田中央会の農協監査士 t 008:2018/04/26(木) 00:59:34.43

>>306
の続き

JA秋田中央会の正職員だけで構成されてきた労働組合は、平成7年まで
日本共産党を支持してきたが、平成8年に労働組合の委員長が正職員で38歳の課長補佐の高橋幸毅(本名たかはし こうき)が強引に労働組合委員長になってから、
JA秋田中央会の正職員だけの労働組合がじゆ

425 :元JA秋田中央会・在日外国人の地方参政権は反対:2018/05/01(火) 17:05:16.16

>>423
に間違いがあり訂正をする。

秋田県内のJA秋田厚生連の農協病院の国家資格のある医師たちを批判はしていないものである。

JA秋田厚生連の正職員たちの農協病院の事務職員たちの
JA秋田厚生連の理事の交代と院長の引退の後に、病院事務職員たちは正式業務より
新理事と新院長たちに、媚びへつらいをするだけをして秋田県内の農協病院だけを転勤をするのだけど人事異動を希望して、
媚びへつらいを正式業務より取り組む間違っている世の中の認識と
正式業務の農協病院事務職員たちの程度の低さを知れば解るが、
事務が危険な農協病院の事務職員たちの成長しない事務風土だということ。

北秋田市の「北秋田市民病院」は、地域の3つの昔の森吉町にあった町立米内沢(よないざわ)病院と、
民間法人のJA秋田厚生連の農協病院の「北秋田中央病院」と、
町立病院が、過疎地域になり、特殊な1つの病院にまとめて、
JA秋田厚生連が管理者になっているのが「北秋田市民病院」である。

平成8年に鷹巣町の中心部にあったJA秋田厚生連の農協病院の
「北秋田中央病院」の院長が鷹巣町町長選挙に立候補した当選したことがある。

582 :イギリスの白人のロックバンドのSimplyRed(しんぷりーれっど):2018/05/07(月) 17:03:59.22

イギリスの白人のロックバンドのSimplyRed(しんぷりーれっど)の♪Shine(しゃいん)。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/12(土) 03:12:01.48

社員

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/19(木) 04:00:43.73

社員

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/19(木) 04:05:06.89

社員

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/19(木) 04:10:21.92

社員

1001件をまとめました。
最新情報はこちら