【ダメコン】重装甲空母「大鳳」はなぜ魚雷1発で沈んだ? 「不沈」をうたわれた空母の一部始終[05/04]

1 :しじみ ★:2019/05/04(土) 23:03:24.78 ID:CAP_USER.net
太平洋戦争期、旧日本海軍が竣工させた重装甲空母「大鳳」は、初陣にて、たった1発の魚雷がもとで沈んでしまいました。装甲は魚雷に耐えたにもかかわらず、艦内でなにが起きていたのでしょうか。「大鳳」の一部始終を追います。

■脆弱な空母を重装甲化したら…?

 空母は航空機を飛ばすのが任務ですが、そのためには航空機用燃料のガソリンやこれに搭載する爆弾なども必要です。つまり空母は、艦内に大量の「危険物」を抱え込んでいるのです。

 ところが、太平洋戦争以前の空母黎明期、航空機の航続距離は戦艦や巡洋艦の大砲の射程距離よりずっと長いので、空母そのものが最前線に出ることはあまり想定されず、充分な防御装甲は施されないのが普通でした。攻撃するリーチは長いものの、いざ攻撃を受けると脆弱な存在だったのです。

空機を運用できる巨大な攻撃力をもっていますが、やはり脆弱であることには変わりなく、護衛艦、潜水艦など多数の艦艇や航空機を配してガッチリガードされています。ミサイル防衛にも使われるイージス艦は、もともと空母護衛用に造られた艦です。

 旧日本海軍においても、飛行甲板に爆弾を1発でも受けると航空機が発着できなくなり、甲板を貫通されると致命傷になりかねない空母の脆弱性は、太平洋戦争の開戦前から認識されていました。そうしたなか、1939(昭和14)年に策定された「第4次海軍軍備充実計画」、通称「マル4計画」において、排水量2万7000トン級、防御力を大幅に強化し、飛行甲板は800kg爆弾に耐え、機関室や弾薬庫は巡洋艦の主砲弾に耐える装甲が施された「重装甲空母」が計画されました。

 これがのちの空母「大鳳(たいほう)」です。

■期待の重装甲空母、しかも美麗!

計画段階では前述のような検討がなされていた「大鳳」でしたが、設計段階において、要求仕様を満たそうとすると計画を大幅に上回る排水量4万トン以上になって、建造費用や期間も超過することが明らかになり、ややスペックダウンし3万トン級ということで建造が決定しました。

装甲は飛行甲板全部に施されたわけではなく、飛行甲板の前部と後部エレベーターのあいだの長さ150m、幅は中央部の航空機格納庫天井の20mぶんとされました。装甲は20mm高張力鋼の上に75mmのCNC(装甲用の鋼材のひとつ)装甲板を重ねた構造で、高度700mからの500kg爆弾を用いた急降下爆撃にも耐えられるとされました。

 また爆弾だけでなく、魚雷にも耐えられる工夫を行ないます。艦底の主要部を3重底にするとともに、重油タンクと空気層および装甲を組み合わせた5枚4層防御構造が導入され、TNT換算で300kg(400kg説もあり)弾頭炸薬の魚雷に耐えられるものとされました。

 もっとも、アメリカ海軍が使用していた急降下爆撃機の爆弾は545kg(1200ポンド)、MK13航空魚雷は400kgとなっており、中途半端感はぬぐえません。

 飛行甲板が装甲化され艦の重心が高くなったため、格納庫を一層減らし、飛行甲板の高さを海面から約12mに抑えました。これは「大鳳」よりも小さい「飛龍」と同レベルでした。飛行甲板が波に突っ込むことを想定し、また気流の整流を計るため風洞実験も行って、日本海軍では初めて飛行甲板と艦首が一体化した「エンクローズドバウ」という形式を採用しました。艦の全長は260.6mとなり、空母「信濃」「赤城」に次ぐ巨大さながら高さは低く抑えられ、特徴的な艦首形状もあいまって、なかなかの見目麗しさです。

 重装甲を見込まれて、ほかの空母の艦載機への補給用のガソリン、弾薬を搭載することも予定され、航空燃料は1000t(翔鶴型では496t)、爆弾は800kgが72発、500kg爆弾72発、250kgが288発、60kgが144発、91式航空魚雷改は48本搭載できましたが、これは「信濃」に次ぐ積載量の多さでした。この大量の「危険物」が「大鳳」の運命を決めることになります。



乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/85830
続く)

2 :しじみ ★:2019/05/04(土) 23:03:43.12 ID:CAP_USER

続き)>>1
■期待された一発逆転、魚雷1発であえなく

「大鳳」の竣工は1944(昭和19)年3月7日です。太平洋戦争において日本の敗色が濃くなっていた時期ですが、まだ日本海軍は一発逆転の望みも捨てていませんでした。この3か月後の同年6月に発動された「あ号作戦」で、「大鳳」は「マリアナ沖海戦」に小沢機動部隊旗艦として参加します。

6月19日、アメリカ軍機動部隊を発見した小沢艦隊は、航空攻撃隊を発進させます。アメリカ軍艦載機の行動範囲外からの攻撃を仕掛けるアウトレンジ戦法が成功しそうに見えた矢先、小沢艦隊を追跡していたアメリカ潜水艦の「アルバコア」が放った魚雷の1発が、「大鳳」の右舷前部に命中します。午前8時10分と記録されています。

 重装甲をうたわれた「大鳳」です。やや前部が沈下しましたが浸水は抑えられ、左舷注水で傾斜も復元し速力も26ノットを維持しており、1発の魚雷程度では戦闘力は失われないはずでした。

 ところが、問題は搭載していた「危険物」、ガソリンでした。被雷の衝撃で航空機用燃料タンクが破損し、ガソリンが漏れ出していたのです。正確な時間の記録はありませんが、被雷直後にはガソリンが噴出していたとの証言もあります。漏れたガソリンは、気化して艦内に充満していきます。防御力強化のため、格納庫が閉鎖構造になっていたのが仇となり、換気ははかどりません。気化したガソリンを吸入して失神する乗員が続出し、火花を恐れて工具の使用も制限され、ダメージコントロールに手間取るうちに攻撃隊が帰還し始め、着艦作業も同時進行せざるを得なくなります。

 やがて14時32分に「大鳳」は大爆発を起こします。艦載機の着艦失敗が、気化したガソリンへの引火のきっかけとも言われていますが、はっきりしたことは分かりません。爆発が連続して手が付けられず、16時28分に沈没します。竣工からたった3か月後の、初陣での戦没でした。一発逆転をかけた海戦で「大鳳」は、1発の魚雷で沈んだのです。

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/85830

3 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:09:46.08 ID:74bHwDV1

再度建造して尖閣に置いとけ

4 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:13:09.13 ID:99dfVEKY

馬鹿の極み

5 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:15:06.24 ID:qGSmFPSu

大鳳ちゃんぺろぺろ

6 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:19:23.61 ID:jRP1kT6E

人は記憶型と思考型に大別できる

地理的に日米は戦う必要がない国
ではなぜ日米が戦うハメになったのか?
キーマンは中国
日本がアメリカを排除して中国に入れ込みすぎたんだ
これで米中が組むことになる

日中が近づきすぎるのは危険だからね
街中を歩いてると中国人が多い多い
やばいんだな〜

7 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:19:25.43 ID:SMxHy64q

大鳳の戦訓をもとに気化ガス対策を取り入れた改良型の鳳飛が計画されたんだよな。

8 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:24:09.34 ID:EsDdfnGX

>攻撃隊が帰還し始め、着艦作業も同時進行せざるを得なくなります。

この時点では、他の空母も健在だったんだから
収容は他空母にまかせてダメージ回復に集中しないと。

9 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:25:06.82 ID:ZPKXCiMv

>>6
全然わかってないなおまえ…
キーはイギリスとソ連だろ…

10 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:27:32.68 ID:66x7sh6E

s60年頃のいいともにウドの親戚ということでウドのお爺さんが出演した
お爺さん「大鳳に乗っていたがボカ沈食らった」と若い頃のエピソードを一言
tvの前で“えーっ!凄い!もっと聞きたい!”と思ったが
タモリも演者もさっさとスルー
ほんの数秒の出演、発言だった

11 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:30:32.54 ID:SMxHy64q

ダーメコン0点

12 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:31:57.03 ID:4DB9iIbd

多分、設計時には問題は発覚してたと思うぞ。
単純な話やし。
その報告を無視して建造する海軍の体質そのものが原因やわ。
その軍の政治的メカニズム低コストで変えられるはずなのに、
それが出来ない。
今でも通じるものがあるのでは無いか?

13 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/04(土) 23:32:49.83 ID:QcUHWTU4

実際に当時生きていた関係者でもないのに書籍ネットで仕入れた安っぽい知識を
ひけらかして悦に入る悲しいミリオタの集うスレ(´・ω・`)

14 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:04:32.33 ID:IYRMLBvc

>>13
死ね

15 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:08:25.15 ID:hknXsByO

ん?
「いづも」にそっくり!!

16 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:18:20.98 ID:iM4LojOq

>>1
板違い

17 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:20:39.53 ID:OBBpfg9V

まあ潜水艦近づけたのがそもそもの失敗の始まり

大戦略でも基本潜水艦で刺すかアイオワのトマホークで吹っ飛ばす

18 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:30:51.08 ID:ZRg+gn19

そもそも水線下に装甲は無いダロ
大バカ野郎

19 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:31:48.83 ID:t4/JFKyQ

>要求仕様を満たそうとすると計画を大幅に上回る排水量4万トン以上になって、建造費用や期間も超過することが明らかになり、
>ややスペックダウンし3万トン級ということで建造

これが答えの全てだろ。
4万トンの排水量が必要な構造を、
1万トンケチってんだからペラペラ。要はライオンズマンションだよ。

20 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:35:09.12 ID:hBOalcX9

なんでこいつは執拗に科学板に板違いの軍ネタスレを建てるんだ?

21 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:45:02.26 ID:fUD+d3b0

>>11
ガンツ先生…

22 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:52:57.51 ID:0vaj0ldT

大鳳かなめに俺の魚雷を

23 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 00:56:50.85 ID:HSSMNHt1

日本軍の味方殺しの典型例だな

玉砕だの特攻だのと、頭オカシイ

24 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:01:28.51 ID:0VO2P9JQ

ネトウヨ「日本の科学力は世界一ィィィィ」

25 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:08:41.46 ID:C8G3OECh

ニホンの造艦技術は本質的に防御面では落第であった。

大和の貧弱な外面鉄板の接合(溶接ができなかった)の貧弱さで魚雷攻撃に対する弱さがあった。
幸いアメリカの雷撃機は20ぐらいうちこんだので貧弱さが表に出なかった。

海底に横たわる大和は鉄板がめくれ上がら簡単に浸水したことがわかる。
昭和19年で降伏スべきであった。 それ以降は論理的戦術はなかった。

天皇陛下にこれだけ武器弾薬と燃料をかけてかてるかときかれて
戦争はときのウンと答える無責任さはアキれる。

26 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:15:16.43 ID:Xh4vOh3F

空母は敵攻撃機を近づけてしまった時点で
終わっている。

27 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:24:33.15 ID:coEzX0ls

米空母のように舷側エレベーターが艦の中央部にあれば、シャッター開放で
格納庫の空気を換気排出出来て気化ガソリンを外部に逃がせたかも。
装甲甲板で舷側に開放部がなかったのが運が悪かった。
装甲甲板の信濃も横須賀から呉へ回航する途中、和歌山沖合で米潜水艦魚雷で
浸水、沈没してる。日本空母のダメージコントロールは、米国空母に劣っていたといえる。

28 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:40:19.39 ID:7ufc2ik5

>>25
○○ピー?

29 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:45:42.84 ID:m4NurAQ/

>>6
胡適の「日本切腹・中国介錯」を知らないかあ

30 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 01:45:44.19 ID:trQp8B7M

>>27

大鵬も気化したガソリンの引火爆発のリスクはレキシントン大爆発沈没
あたりで察知していたので換気も十分やっていたようですが、発艦した
飛行機が戻ってくる際、甲板甲板部のエレベーターまで開けて換気していたのが
一定時間閉ざさざるを得ず、その間に艦内の気化ガソリンガスの濃度が
調度点火爆発になる濃度に達し、管内いたるところにあったと思われる
小さな火種、小さな静電気の火花程度で引火し、艦内で内部炎上爆発となり
機関一発停止となり致命傷。その後沈没となったようです。

舷側の装甲や空母の弱点であった甲板に対爆装甲を施して英国のそれでは無かった
エレベーター上面まで装甲をしていた打たれ強い重装甲空母だけに惜しかったと言えたでしょう。
戦闘から帰る無事だった空母艦船はガソリンタンク周辺の空間を埋めたり
強化したようですが、空母決戦と言う事ではその後日本海軍はレイテ沖小沢艦隊
のおとり作戦などもう戦機も少なく燃料や熟練したパイロットと新型機との組み合わせ
も揃わなかったので、態勢には影響せずと言ったところだったようですね。

33 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 02:22:23.46 ID:Sca3UTu/

大型機の烈風とか流星、彩雲を載せる予定だったから航空燃料を多く積めるようにしたのがマズかった

35 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 03:17:03.29 ID:LvC2j/rC

米空母「フランクリン」は日本軍爆撃機1機が落とした2発の爆弾だけで
メチャクチャ大破で乗員700名以上死亡したね、沈没は何とか免れたが

38 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 04:17:20.32 ID:l5DkkoYl

第二次大戦の頃は、おそらく水中爆発の原理判って無かった筈だからねぇ

水線以下を破壊することで、浸水によって沈没させる兵器とさえ思ってたんじゃないかな?
現代でもちょっと誤解があったりするからね

水中爆発のメカニズムが判ってきた結果、魚雷とミサイルが同じ弾頭炸薬重量だとすれば
(それプラス、ミサイルが音速で、弾頭が半徹甲弾だとしても)
ミサイルの破壊力は、魚雷の水中爆発が起こすバブルパルス+ジェット水流での破壊力には到底かなわないということが判明してる

対艦ミサイルたった1発が駆逐艦を撃沈したのは今は昔の話。
今ではそんなのはほぼありえない
(そんなので沈むフネというのは貧乏海軍でしかない)
それどころか、ESM/ECM他電子ソフトキル兵装の前には対艦ミサイルを当てるのさえ難しいだろう

対して、魚雷への対抗策として必ず挙げられる、音響デコイやマスカー、対魚雷魚雷(つってもニミッツ級くらいしか搭載してない。理由は無いよりはマシだろうというもの)では
魚雷を欺瞞・回避するのは難しい
そのテの陳腐なソフトキルでは30%も魚雷を回避できればいいほうだとされる

その魚雷を1発でも食らったならば(「食らう」といっても最近の魚雷は至近爆発で、直撃しないのだが)、戦闘機能不能で済めば幸い
マジで轟沈しかねないのが現実なんだよ 

39 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 04:45:04.70 ID:0wsd+eP/

ミリオタってすごいな

43 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 06:00:33.30 ID:xV/JYQ06

帰化ガスを素早く排出できる鳳飛型、固形物まで排出して轟沈。

44 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 07:10:36.71 ID:J2JBPAPi

灯油ならまた状況が違ってたかもわからんのだな。ちょっとのことなのに結果は大きく変わるんだな。

45 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 07:10:52.99 ID:J9HyDr1q

海軍はゴミ、国を滅ぼす
この教訓を生かして海自も予算減らすべきなのにいずもとか作ってホルホルしてんだから日本は再び滅びるかもしれんな

49 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 07:45:58.38 ID:tLE5kei0

>>12
今に通じるって
MRJ
整備新幹線
年金
財政赤字
原発
みんなそうだよね。

失敗する可能性のあるものは必ず失敗する、ということはみんな分かっているのに、そのまま突き進んでしまう。

55 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 09:02:05.10 ID:7w8psTmo

>>52
スピットファイア「・・・・・」
Bf109「・・・・・」
隼「・・・・・」

58 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 10:26:30.95 ID:0In28vfG

【デマ大国ニッポン】 福島安全デマ、漢字由来デマ
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/ice/1556675870/l50

59 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 10:30:28.93 ID:ExJBaXi1

> 「大鳳」の竣工は1944(昭和19)年3月7日です。太平洋戦争において日本の敗色が濃くなっていた時期ですが、まだ日本海軍は一発逆転の望みも捨てていませんでした。

ハハハ
大鳳以前に、根本的に現実認識能力が足りとらんやんけ
って今も変わらんか

61 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 10:48:05.49 ID:+0XzcnHH

>>47
すぐに自殺したがる兵士と最後まであきらめるなベストを尽くせって兵士に染み付いた
教育も違うしな

62 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 10:58:16.33 ID:wV26Q4sD

>>55
艦載機の比較だから・・・

68 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 12:18:52.99 ID:l5DkkoYl

>>65
軍事は科学的知見と二人三脚で発展した
科学と無縁の存在では決してない

ナポレオン戦争の頃の帆船海軍ですら、士官は理系の三角関数は必須だった
(士官任官試験の口頭諮問で理解できていないと判断されれば、貴族出身であっても士官の道は閉ざされた)

18世紀頃には冶金技術が発達して、直接目視できない距離まで砲弾が飛ぶようになって
そうして陸軍に間接射撃が登場した。間接射撃は多くの計算を必要とする射撃方法だったから
多くの理論・法則が生まれた
(現代では、風の砲弾に与える影響みたいな素人でも判る要素にとどまらず、コリオリ力まで計算に入れる)

数式が科学板に必要だと言うのではなかろう? 

「ムーアの法則」(半導体進化の法則)は科学板的にokだが、
軍事の「ランチェスターの法則」(戦闘での損耗に関する数理モデル)や
Jacob de Marreの理論(砲弾の貫通力に関する理論)はダメ、というのはどういうものか

※ムーアの法則なんて、数式や理論なんて呼べるものでもなんでもない
むしろ「資産価値の法則」といった物に近いのだがね

71 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 12:53:09.50 ID:ySgmHRxF

>>12,49
日本の空母も戦訓を取り入れてダメコンを頑張った結果、簡単には撃沈されなくなっていた

空母自体が新しい兵器だったんだから試行錯誤は当然かとw

81 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 16:08:46.50 ID:evshdfFm

このスレにもいる日本軍はバカだった、と偉そうに解説する人達がこんなに沢山いながら

なぜ日本のハイテクも金融も衰退し続けるのか??

85 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 16:52:10.41 ID:z+EUK1OI

>>81
生き残った上級国民が牛耳ってるからじゃね?

91 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 17:38:09.08 ID:gEYdGPk9

>>87
ダメというレベルではなく昭和後期のころハイテクと経済力があるにもかかわらず
どんどんシナコリアに貢いでそこからの輸出品に殆ど日本製品が敗退したぐらいに徹底的にダメダメだったというべきであろう。

95 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 17:51:25.52 ID:l5DkkoYl

>>87
ニミッツ提督がボロカスに言ってるでしょ 
日本は潜水艦の威力、潜在能力を知らなかった

潜水艦は、古典的な制海権の概念を覆した革命的な兵器だった
「海上決戦で勝って制海権を得た」などというのは、当時であっても既に「古典」でしかなかった
(海上決戦に出たミッドウェー作戦などはこの典型だったが、日本軍は最後までこの海上決戦思想だった)
第一次大戦が終わった頃には常識だったのだがね

戦略理論を知ってるなら聞いたこともあるだろうか?
ターナーは「潜水艦の発展が制海権の確立を困難にしている」と述べ、同時に「制海の拒否」「海上の拒否」という概念を示し
それには潜水艦が最適なのだということを示したのだが。

潜水艦は「劣勢海軍の切り札」とも呼ばれ、劣勢機を挽回するのに最適な艦種でもあった
そのことをよく知っていたのが無制限潜水艦作戦を展開させた米軍首脳であり、ニミッツの前任者達
(キンメル時代に無制限潜水艦作戦はできたが本人はちょっと怪しいw)であり、ニミッツその人だった

そのニミッツは元潜水艦乗りで、そのことを知っていた海軍軍人でもあった高松宮宣仁親王は
「アメリカは潜水艦屋を大将に据えた。当分は潜水艦作戦を以てして戦う筈だ」と喝破した
(実際ニミッツの手元には微弱な航空勢力と潜水艦しかなかった)が、日本海軍の首脳には
その言わんとするところが通じず、損耗する海上決戦に出てしまったというわけだね

そして潜水艦戦で大敗した結果、南方資源を運ぶ術を失い国力を疲弊していった

100 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2019/05/05(日) 18:40:17.09 ID:WqZTq7YP

大東亜が発展することは大日本帝国の理想の実現と同じこと
敗戦後の日本人が身を切って大東亜を発展させたのだ

168件をまとめました。
最新情報はこちら