【PSO2】イグナイトパリングはなぜ許されてるの?

1 :久太郎 ★:2019/08/27(火) 21:59:04.44 ID:vdDkiPFe9.net
カッサーノがイカルディ嫁を前にして……
“犬猿の仲”と目される二人がインテルの元主将の去就を巡って再び激論をかわした。

 事の発端は、元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノが、現地時間8月25日にイタリアの大手メディア『Media Set』のサッカー番組『Tiki Taka』へゲスト出演した際のコメントだった。古巣インテルに所属するアルゼンチン代表FWのマウロ・イカルディに対して、次のように言い放ったのだ。

「数か月前に言ったことをもう一度言う。イカルディはラミレス(元・江蘇蘇寧)と同じ末路をたどり、ピッチに足を踏み入れることはないだろう。あいつは終わった。ピッチを見ることはもうないだろう。イカルディたちはユベントスからのオファーを待っているのだろうが、トリノには、ワンダ・ナラ(妻)と2人で歩いていくことになるだろう」

 この発言はイカルディの現状を腐したものである。26歳のアルゼンチン代表ストライカーは、昨シーズン途中にクラブと衝突。以来、主将を剥奪されただけでなく、チームの蚊帳の外に置かれ、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンも、背番号9を新加入のロメル・ルカクに譲るなど、完全に構想外となっている。

 当然、イカルディは新天地への移籍の噂が噴出。ナポリやローマが有力候補に挙げられたが、本人はユーベ移籍を希望しているとも報じられ、いまだ去就は不透明なままとなっている。

 歯に衣着せぬ発言をすることでも知られるカッサーノは、イカルディの動向を辛辣に皮肉ったわけだが、これに異を唱えたのが、同選手の代理人も務めている妻のワンダ・ナラだ。

 以前もカッサーノと同番組内で言い争いを展開していたワンダは、面と向かって、「彼の言っていることは事実じゃない。ちゃんと敬意を払って話をすべきだわ」と反論。さらに愛する夫マウロの現状を告白した。

「あなたにマウロを馬鹿にすることなんてできない。マウロはインテルに100%残留したがっているわ。それは彼自身が下した結論であり、誰にも決断を強要されることはない。コンテはイカルディを使いたければ使えばいいのよ。彼はインテル以外のオファーをすべて拒否した。世界中の誰もが、拒否しないようなオファーも届いたけど、クラブのために『ノー』と言ったのよ」

 これにカッサーノが反論することはなかったようだが、このワンダの発言はクラブ幹部の逆鱗に触れた。現地時間8月26日に行なわれたセリエA開幕節のレッチェ戦後、インテルのジュゼッペ・マロッタCEOは強い不快感を露わにした。

「あのワンダ・ナラの発言は、タイミングと方法の両面で、我々は少々苛立ちを覚えた。それと同時に私は、クラブの誰かがイカルディに対して、インテルに残るように言ったということも断固として否定できる。とくにスティーブン・チャン会長の下ではあり得ない話だ」

 マロッタCEOの態度を見る限り、イカルディにインテルでの居場所はないように感じられるが、果たして、サッカー界屈指のお騒がせ夫婦はどのような策を講じるのか。今後の動向からも目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00063362-sdigestw-socc

0件をまとめました。
最新情報はこちら